ソーシャルワーカーの資格を取ろう!

スポンサードリンク

医療ソーシャルワーカーの仕事

医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker,MSW)とは、病院や保健福祉施設、家庭などで長期療養の必要がある人に対して、安心して療養生活が過ごせるように社会福祉の立場から相談や援助をする仕事です。

医療費や生活費の問題、家事や育児の問題、退院後の社会復帰、転院や福祉施設への入所手続き、障害が残った場合の援助制度、受診・受療の問題など、長期にわたっての療養生活を余儀なくされる場合、患者には経済的・心理的・社会的に数多くの問題が起きてきます。

医療ソーシャルワーカーは、患者や家族に対して、それぞれのケースに応じた治療費の補助などの法制度について説明してそれらの制度が円滑に利用できるように相談や援助を行い、関係機関との連絡や調整を行います。

病院や保健所、福祉事務所、介護老人保健施設、精神障害者社会復帰施設、精神保健福祉センター、在宅介護支援センターなどが主な職場です。

【 医療ソーシャルワーカーの資格 】

医療ソーシャルワーカーについて規定された法律はなく、所属機関によっては医療福祉相談員や医療社会事業司、医療社会事業専門員、医療社会事業士などさまざまなの名称が使用されています。

医療ソーシャルワーカーには特別な資格は必要ありませんが、専門知識を必要とする仕事ですので、一般的には社会福祉士や精神保健福祉士、臨床心理士の資格を持った人や社会福祉系の教育を受けた人が医療ソーシャルワーカーの職につくケースがほとんどです。

最近では、病院等での採用条件に社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っていることが必須条件であるケースが増加しています。

スポンサードリンク