ソーシャルワーカーの資格を取ろう!

スポンサードリンク

スクールソーシャルワーカーの資格

スクールソーシャルワーカー(SSW)とは、学校を基盤に働くソーシャルワーカーのことです。

日本ではまだ新しい分野のソーシャルワークで、徐々に関心を抱く人が増えつつありますが、まだ職業として確立するには至っていません。

現在、米国を中心として世界の多くの国々で取り入れられ現在も広がりつつあり、日本でも注目度は上がってきています。

スクールソーシャルワーカーの仕事は、子どもたちが1日の大半を過ごす学校という場で出会ういろいろな困難を、これまで学校現場に欠けていた福祉的な視点から子どもの側に立って解決することを目的としています。

【 スクールカウンセラーとの違い 】

スクールカウンセラーの仕事は、カウンセリングが基本です。子どもとの対話を通じてそのこどもの心の問題に対処していくことが主たる活動です。

スクールソーシャルワーカーは、子供たちが直面する心の問題の要因は子どもと置かれている環境との相互関係にあると考え、こども達への援助活動を行います。

【 スクールカウンセラーの求人 】

ハローワーク(公共職業安定所)求人情報の一例です。

職種 : スクールソーシャルワーカー

経験 : 不問

年齢 : 不問

賃金 : 時給2,000円 交通費月50,000円まで支給 

休日 : 完全週休2日制

免許資格 : 社会福祉士または精神保健福祉士

仕事内容 : 学校における児童虐待への対応や学校、家庭、関係機関との連携を支援する

就業時間 : 9時から18時の内6時間

加入保険 : 雇用・労災・健康

スポンサードリンク