ソーシャルワーカーの資格を取ろう!

スポンサードリンク

精神保健福祉士の資格

精神保健福祉士とは精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神障害の医療を受け、又は社会復帰促進施設を利用している精神障害者の相談に応じ、援助を行うことを業とする者のことをいいます。

精神医学ソーシャルワーカーもしくは、精神科ソーシャルワーカーとも呼ばれることからPSWと呼ぶこともあります。

1,997年に誕生した精神保健福祉領域でのソーシャルワーカーの国家資格ですが、精神医学ソーシャルワーカー(精神科ソーシャルワーカー)は職種であり、それに対応する国家資格が精神保健福祉士です。

現在では精神保健福祉士は職種を意味して用いられることが多くなっています。

高ストレス社会といわれる現代にあって、広く国民の精神保健保持に資するために、医療や保健、福祉などの領域で活躍する精神保健福祉士の役割はますます重要になってきています。

【 社会福祉士との違い 】

社会福祉士は「身体上もしくは精神上の障害のある人」等を対象に福祉に関する相談・援助業務を行うとされていますが、そこに精神障害者は含まないとされており、また一切の医療行為を行うことを禁じられています。

また精神保健福祉士は医師の指示ではなく指導に基づいて業務を行いますが、医師の指導について採否の選択権があるとされており、医師の指導は精神保健福祉士の援助内容を拘束するものではないとされています。

【 精神保健福祉士の国家資格 】

精神保健福祉士の国家資格を取得するためには、年一回行われる国家試験に合格しなければなりません。

精神保健福祉士の国家試験の受験資格には12のルートがあります。

精神保健福祉士の資格ナビ

スポンサードリンク